サイトメニュー

女性

クリニックで治そう

いぼは、保険適応内の治療でなく保険適応外の治療もあります。その為、イボの治療や手術を検討しているのであれば、事前に治療方法について理解しておきましょう。そうすれば、スムーズにクリニック選びをすることが可能になります。

女性

いぼ治療の流れ

いぼの治療や手術を受けるまえに、いぼ治療通院の流れやポイントを知っておくと良いでしょう。治療には時間がかかる為、通いやすいクリニックを選んで受診するべきです。また、治療後も再発を防ぐために規則正しい生活を送る必要があります。

医者

知っておきたいこと

いぼやほくろの手術や治療は早めに受けましょう。なぜなら、単なるほくろやいぼと思っていたものが悪性腫瘍だったというケースもすくなくないからです。病理検査で悪性腫瘍と分かったら早めに専門的な治療を受けましょう。

原因を知ることが大事

カウンセリング

いぼが発生する原因

気が付いたら、体にいぼが出来ていたということはありませんか。多くの人がいぼが出来た経験があるでしょう。いぼは、ほとんど痛みを感じることはがありません。しかし、目立つ部位に発生してしまうと気になってしまいます。また、発生した箇所によっては痛みがでてきます。とくに足の裏などに出来た場合は、体の全体重を支える部分になるので痛みが出てくることがあるのです。このいぼが出来る原因は、大きくわけて2種類です。まずは、ウイルス感染です。そして、次に加齢や紫外線です。ウイルス感染の場合、手足に出ることがほとんどです。この原因となるウイルスは200種類以上になり、小さな皮膚のキズなどから入り込みます。そして、感染し丸くざらざらとしたいぼに成長していきます。加齢や紫外線が原因となるいぼは、人間の皮膚が持つターンオーバーの働きが低下することが原因でメラニン色素が体内に残ってしまうことで発生します。

いぼ予防について

原因を知る事でどのように予防していけばいいのかがわかるはずです。ウイルス性のいぼの場合、皮膚にキズをつけないようにすることが重要です。加齢や紫外線が原因となって発生するいぼは、ターンオーバーの機能低下を抑制したり、紫外線対策をきちんと行うことで予防することが出来ます。近年では、ターンオーバーを促すサプリメントやスキンケア用品が登場しているので活用しましょう。また、紫外線対策用の日焼け止めも種類が豊富です。日焼け止め独特の香りが少ないものや、サラッとした使用感の日焼け止めなどがあるので利用してみるとよいでしょう。

いぼの種類

いぼは、いくら予防していても、発生する場合もあります。このいぼには、いくつかの種類があります。一般的ないぼとして、尋常性疣贅があります。これは、ウイルスが原因の場合がほとんどです。手足や指などにでてきて、どんどん固くなって突起してきます。そして、次に足底疣贅です。尋常性疣贅が足の裏にできるとそう呼ばれます。尋常性疣贅と違うところは、体重がいぼに掛かることで突起せずに、平らになるということです。そして、加齢や紫外線が原因のいぼとして老人性疣贅があります。これは、顔面や手の甲、腕などに発生することが多いです。

気になったら治療を

いぼは、上記のように陽性のものがほとんどです。しかし、なかには、いぼだと思っていたら悪性腫瘍だったとうケースもあります。なので、いぼが発生して気になったら、クリニックを受診しましょう。そして、種類を特定してもらい、治療や手術を受けるようにすべきです。

Copyright© 2019 いぼの手術を受ける【見た目のコンプレックスを改善しよう】 All Rights Reserved.