サイトメニュー

クリニックで治そう

女性

保険適応のいぼ治療について

いぼが発生して医療機関を受診する前に、治療方法についての知識を得ておくと安心して受診することが出来るはずです。まず、いぼの治療には、保険適応の治療と保険適応外の治療があります。一般皮膚科の場合、保険適応内の治療を取り扱っていることが多く、美容皮膚科の場合、保険適応内の治療と適応外の治療の両方を取り扱っていることがほとんどです。まず、保険適応内の治療は2種類あります。それは、液体窒素治療と電気メス治療です。液体窒素治療は、いぼを低温火傷させて皮膚の細胞を壊します。皮膚の細胞が壊れることにより、ウイルスによって感染されたいぼが剥がれ落ちていきます。また電気メス治療は、イボを焼き切る手術法です。どちらの場合も複数回の通院が必要になります。また、治療部位に色素沈着が発生したり、ケロイドになってしまうということもあるので、事前に医師に確認しておきましょう。また、保険適応外の治療には、炭酸ガスレーザー治療があります。炭酸ガスレーザーによって、いぼを蒸発させてしまうものです。多発しているいぼを治療するときに最適な治療方法です。また、塗り薬や飲み薬による治療法もあります。

美容皮膚科と一般皮膚科

保険適応の治療をおこなっているのが、一般皮膚科。保険適応外の治療をおこなっているのが、美容皮膚科と上記で説明をしましたが、最近では、一般皮膚科と美容皮膚科を併設しているクリニックが増えています。その場合は、まず、一般皮膚科で診察をしてもらってから、美容皮膚科を案内してもらうと良いでしょう。またこのようなクリニックに通うメリットは保険適応内の治療と保険適応外の治療を組み合わせて、効率よくいぼ治療や手術をすることが出来る点です。なので、一般皮膚科と美容皮膚科を併設しているクリニックを見つけて受診することをお勧めします。

美容皮膚科で綺麗に

もし、予算などを気にすることなく、いぼを綺麗になくしたいというのであれば、美容外科や美容皮膚科をお勧めします。これらの科目のは美に特化した治療を行なってくれるからです。また、他の美容治療と並行して治療を進めていくことも出来ます。また、これらの科目の場合、待合室が個室になっていたり、完全予約制になっていたりするので、他人の目を気にすることなく通院することが可能になります。

Copyright© 2019 いぼの手術を受ける【見た目のコンプレックスを改善しよう】 All Rights Reserved.