サイトメニュー

知っておきたいこと

医者

副作用などについて

いぼ治療の一種である炭酸ガスレーザー治療は、保険適応外の治療なので保険適応の治療よりも費用がかかりますが、多くの人が利用しています。その理由は、何と言っても小さないぼを一度に治療することが出来るからでしょう。また、いぼだけでなくほくろ治療にも利用されています。いぼやほくろは、顔などの目立つ部分にあると、周囲の視線が気になるものです。また、顔にあるいぼやほくろ治療を行なう場合、治療痕は極力なくしたいものでしょう。保険適応外の治療の場合、美容に特化した治療を行なってくれる美容外科や美容皮膚科で行なわれているので、美にこだわりがある医師が治療を行なってくれます。その為、納得のいく仕上がりになるはずです。

手術帆の様子を知る

しかし、場合によっては、炭酸ガスレーザーでの治療ではうまく除去できない場合があります。そのような場合、はメスを使用した「くりぬき法」や「切除縫合法」での治療を勧められることがありまます。まず、「くりぬき法」は、円形にほくろをくりぬいていく方法です。また、「切除縫合法」は、ほくろやいぼをメスで切除したあと、周囲を皮膚を引き寄せて縫います。完全に除去することができるので再発を防ぐことが出来る点が大きなメリットです。

病理検査を受ける

除去手術を行なう際には、局部麻酔を使用されることがほとんどです。その為、手術中に痛みを感じることはありません。しかし、麻酔が切れた手術後に痛みが発生することもあります。なので、痛み止めなどを処方してもらうと良いでしょう。そして、手術後は、翌日からシャワーを浴びることが可能です。しかし、メイクは1週間後から可能となるので、人前に出る仕事をしている場合は、長期休暇を利用して手術の予約をするようにしましょう。そして、手術後の患部は、赤く腫れます。また、固くなっていきます。その後、2~3か月後で赤みなどが落ち着いてきます。なので患部が赤く腫れても心配することはありません。手術後、半年経過すると元の肌に戻っていることでしょう。しかし、これは、個人によって差があるということはあらかじめ理解しておいた方がよいでしょう。また、くりぬき法による手術の場合、手術による傷が閉じてくるまで、2週間程度かかることが一般的です。その間は、処方された軟膏薬を塗ってテープで保護をします。また、切除接合法の場合、テーピングによって患部を保護する必要があります。どちらの手術の場合でも紫外線予防はしっかり行ないましょう。

手術を受けるまえに、病理検査を行なうことがほとんどです。なぜなら、単なるいぼやほくろだと思っていたものが悪性腫瘍だったということもあるからです。なので、病理検査を行なって皮膚がんの可能性が高いと判断された場合には、専門クリニックに通院することになります。専門クリニックでは、拡大切除や再建手術などの専門的な治療や手術を行なってくれるので、紹介状を渡されたら早めに受診するようにしましょう。皮膚がんは早期に発見することが出来れば、5年生存率95%以上です。しかし、症状が進行して転移してしまうと手術が難しくなり、薬物治療で治していくこととなります。以前では70代からの発症確率が高かったのですが、いまでは30代から50代での発症も増えています。なので、いぼや不自然なほくろは早めにクリニックを受診するようにしましょう。大きな総合病院と連携している一般皮膚科や美容皮膚科を受診するとスムーズに検査などを受けることが出来るでしょう。

Copyright© 2019 いぼの手術を受ける【見た目のコンプレックスを改善しよう】 All Rights Reserved.