サイトメニュー

いぼ治療の流れ

女性

早めに受診しよう

いぼが出来たのであれば、いぼが増えないうちにクリニックを受診する必要があります。いぼは、放置しておくと大きくなってしまったり、体の他の部位に感染して数がふえてしまったり、家族などに移してしまうことがあるからです。

まずは病院探し

いぼが出来てクリニックに受診することを決めたら、まずはクリニック選びをしましょう。いぼの治療は定期的な通院が必須なので、通いやすいところにあるクリニックを選ぶべきです。いぼの状態や手術後の経過によっては、1年以上通院する必要があるケースもあります。いぼの様子が良くなり始めた段階で通院を辞めてしまうと再発してしまうこともあるので、完治するまで通うことができるクリニックを選びましょう。また、いぼの治療メニューを豊富に取り扱っているクリニックが良いでしょう。治療の選択肢が多いと、自身のいぼにあった治療を受けることが出来ます。そして、医師が親身になって話を聞いてくれるクリニックを選ぶべきです。診断後、勝手に治療を進めていく医師でなく、予算や仕上がりなどに付いての希望を聞いてくれる医師だと、納得のいく治療を受けることが出来ます。

治療後の注意点

クリニックに行く前に知っておきたいことがあります。それは、受診する時の服装です。患部を医師に見てもらいながら、診察をしていくので、患部を出しやすい服装にして受診しましょう。また、患者の中には、異性に見られるのを躊躇する部位にいぼが出来てしまったという人がいます。そのような場合には、同性の医者が在籍しているクリニックを受診して、同性の医師に診てもらいたい旨をきちんと伝えましょう。そうすれば、ほとんどのクリニックが対応してくれます。また、クリニックは事前に予約をしてから通院しましょう。そうすれば、スムーズに診察を受けることが可能です。

通院終了後の生活

いぼの治療法は、液体窒素治療と電気メス、炭酸ガスレーザー治療で完治を目指していくことが多いです。どちらの場合でも、治療後の患部は出来るだけ触れないようにする必要があります。治療を受けて数日後、かさぶたになることがほとんどです。かさぶたは、かゆみを感じたり、はがしたくなったりすることもあるでしょう。しかし、極力触らず、自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。無理矢理剥がしてしまったり、かきむしったりしてしまうと跡が残ってしまうことがあります。また、再発してしまうケースも珍しくありません。

いぼによる治療が終わり、イボが無くなっても安心してはいけません。いぼのウイルスがまだ皮膚内に残っていることもあります。その為、再発を防ぐためにも、規則正しい生活を送る必要があります。規則正しい生活を送ることで免疫力がアップするからです。また、日焼け止めをきちんと塗ってケアをするようにしましょう。

Copyright© 2019 いぼの手術を受ける【見た目のコンプレックスを改善しよう】 All Rights Reserved.